好きなジャンルの仕事

私の好きなジャンルの仕事がきたー!

私は約2年くらい前から執筆の仕事をしています。子供の頃から書くのことが大好き(国語の成績が特別良かったわけじゃないが)でしたが、こういう仕事にはそれまで縁がありませんでした。せいぜい子供の学校関係の文集に親のコメントを載せたりするくらいのチャンスしかなかったので、書くことでお金をいただけるというのが嬉しくて楽しくて仕方がないのです。ですがやはり好みのジャンルというのはありますし、どんなものでも書けると言うわけではありません。嫌いなジャンルもあり、仕事だからと無理にそういうものに挑戦しても、時間ばかりかかって魅力的な文章になりません。

実は興味のあるジャンルは例えば自己啓発とか幸せになる方法みたいなものを調べて書くのが、今、最も好んでいるジャンルなのです。又、地球の歴史とか古代の謎、的なことを調べて書くのも大好きです。しかしそういったお仕事の募集があまり見られなかったのですが、最近それ系でスカウトが来たのです。試作を送り、採用されるかどうかはまだ決まっていませんが、その試作を書いているときの幸福感と言ったら、なかなか言い表せられない喜びがありました。

私は世間で時々聞く「活字が好き」「活字中毒」「本好き」というほどではなく、読むのはとても遅いし、本によってはストレスで読むのが苦痛にもなります。でも「活字を書く」のが大好きで、書いていて文は下手でも幸福感があり、芸術の世界に入っているようで、文字を書く、タイプすることに、うっとりするのです。そして、やっと来たぞー!好きなジャンルの仕事!それを書くのが今楽しくて仕方ないのです。